ルーバーヴォレー ルーバー鎧戸

細い羽根で光は程よく遮り、風の流れは通す。

そんな目的で使用されるルーバー扉の製作過程です。

今回の使用目的は鎧戸(ヴォレー・シャッター)ですので、

直接雨のかかる個所。水に強いとされるウェスタン・レッド・シダー

を素材にしました。

まずは部材を切り出し、羽根をはめ込む溝をほります。

ルーバーヴォレー ルーバー鎧戸 画像1

治具を造りトリマーで等ピッチで打っていきます。

ルーバーヴォレー ルーバー鎧戸 画像2

横桟を入れ込むためのホゾ穴を角ノミであけているところです。

ルーバーヴォレー ルーバー鎧戸 画像3

こちらはルーバーの羽根です。

今回は扉6枚分で、約150枚ほど切り出しました。

パーツの準備ができたら仮組をしていきます。

ルーバーヴォレー ルーバー鎧戸 画像4

ルーバーヴォレー ルーバー鎧戸 画像5

ルーバーヴォレー ルーバー鎧戸 画像6

一通り調子を見たら一旦分解し、接着剤を塗りクランプして固めるのですが、

羽根の枚数が多いため結構大変でした(汗)

私たちオールド・サクラメントの工房は、

いつもこんな感じで手作りしてる光景が広がっています。

 

OS工場長

ルーバーヴォレー ルーバー鎧戸