woodwork

木とアイアンの挽物脚テーブル

こんにちは。内勤スタッフのkuniです。

フランスの住宅をモチーフにした、雑貨屋さんのようなおしゃれなお家の住宅メーカー

「フレンチ工房神戸」さん

http://frenchkobo.com/

のお客様よりオーダー頂いた、挽物脚テーブルが完成しました!!

 

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-14-15-01-09

 

 

 

ポンデロッサパインの木材をはぎ合わせてから、テーブルの形に丸くカット。

木口には、鉄のフラットバーを巻いて、パンチングを施した、かっこいい雰囲気になりました(*^^*)

 

 

 

ポンデロッサパインは、北米が産地。

現地では建築用に使われることが多いのですが、日本では節の味わいを活かした床材や、

カントリー調の家具でよく見かけますよね~。

 

 

別名、ウエスタン・イエローパインとも呼ばれています。

クリーム系の上品な色味と節目が特徴。

経年変化によって、深みのあるアメ色に変わり、年数が経つにつれて美しくなります。

軟らかめの材料なので、加工がしやすい木材です。

%ef%bf%a5%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%91%e3%82%a4%e3%83%b3

 

テーブルの脚は、180角の木材から切り出して挽物にしたもので、

かなり存在感あります!

 

 

挽物とは…

ロクロで木材を回転させ、刃物で削り上げてつくる木器や細工物のこと。

 

 

テーブル脚の1番下、4点で支えるアイアンデザインは、お客様のご要望。

それ以外のデザインは、親方が前々から温めていた天板・脚のデザインの中から、

組み合わせて採用しました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-14-15-01-02

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-14-15-00-56

 

 

 

仕上げの塗装はBRIWAX(ブライワックス)。

前からDIY好きには噂になっている、コレ、使ったことあります?

塗るだけで、木目を活かしてアンティーク・ヴィンテージ感が出せる木部用塗料なんです!

人気NO.1カラーの「ジャコビアン」で重厚なコゲ茶色になりました。

img085143cfzik6zj

 

 

 

 

木とアイアンのクールなテーブルの出来上がり~♪

西部開拓時代みたいな、ウエスタン風のインテリアに合わせたら雰囲気出そう!!

映画の西部劇みたいな酒場って、ディズニーランドの「ウエスタンシューティングギャラリー」みたいな感じ?

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ba%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%ef%bc%93

 

 

 

外観もひとつ、こんなイメージ?

img_3748

 

 

 

 

う~ん。カウボーイ?渋っ!!

img_1

 

 

 

ウエスタン扉をバーンと開けて入ってくる酒場…

c0acdcfced4740141d57fd0d4429f5cf-750x1130

 

 

 

 

こんな雰囲気のインテリアに合いそう♪♪♪

p013634694_480

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ba%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%ef%bc%96

r1135173-625x468

 

 

 

ここまで全体的につくりこまなくても、雑貨でウエスタン風にしたお部屋に合わせるのもアリです。

 

 

酒場と言えば、樽!

%e9%9b%91%e8%b2%a8

 

 

 

バッファロースカルを壁にかけて…

%e9%9b%91%e8%b2%a8%ef%bc%92

 

ネイティブ柄のブランケットをソファにかけてみるとか…

 

pendleton011_img2

 

 

 

テーブルのヴィンテージ感を活かして、いろいろな空間に合わせてみてくださいね~!(^^)!


ロッキングチェア

こんにちは。kuniです。

先日納品完了した、ロッキングチェアの製作風景をご紹介します(*^^*)

 

 

 

 

図面は、こんな感じで依頼頂きました。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-13-9-19-25

 

 

 

 

図面のサイズを板におとしてっと…

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-13-9-16-45

 

 

 

 

部材をカットしていきます。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-13-9-17-32

 

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-16-14-53-25

 

 

 

 

部材をカットしたら、組み立てです。

ひたすら地味~に1つ1つ組み立てていきます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-16-14-52-42

 

 

 

 

曲線部分を整えています。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-16-14-53-56

 

 

 

 

 

あっ、だんだんロッキングチェアらしいシルエットが見えてきましたね~!

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-16-14-53-22

 

 

 

 

個々のパーツを組み立てて、骨組みを作って仮どめ。

それから座面を作り、グッと締めていきます。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-16-14-53-23

 

 

 

 

完成~(≧▽≦)

木を何本も渡した、曲線の座面が素敵♪

シルエットが美しいロッキングチェアです。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-20-13-26-08

 

 

 

作っている過程を見てきただけに、完成したら感動!!

思わず座ってみました。

作者は

「納期も限られているので、もう少し座り心地を考えられたら

良かったんだけど…」と謙虚におっしゃってましたが、

 

 

いえいえ このままでも座り心地 すご~く良かったです。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-20-13-29-46

 

 

 

ウエディングサロンで、たくさんのお客様に座り心地を楽しんで

頂ければと思います。

 

 

ロッキングチェアは、ディスプレイとして飾っても絵になりますし、

リビングや趣味の部屋で座る、くつろぎ用チェアとして最適ですよ!

座って読書した後、ゆらゆら揺れながらうたた寝…も気持ち良さそうです。


ハーフスライスの古材で仕上げたカウンター

初めまして。新スタッフのkuniです。

こちらの方もブログがご無沙汰になっておりましたが、

更新していきたいと思います。

 

 

今日は製作の流れを紹介いたします。

 

 

弊社で輸入している薄くスライスした古材で、全体を覆ったキッチンカウンターです。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91

 

 

 

 

 

古材の魅力は何といってもその表情。

今回は、芯材にパインの集成材を使用し、化粧材という捉え方で古材を使用しております。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f2

 

 

 

 

とは言え、ただ薄板を張っていくのではなく、削って失った古材の表情を補うため、

出隅の木端は留めで突合せ、違和感なく処理しています。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f3

 

 

 

 

オーダー頂いたお客様宅には小さなお子様が居られるため、

天板の縁は荒々しい古材は避け、新材で巻くことにしました。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f4

 

 

 

 

天板のデザインはヘリンボーン。

実用性を優先し、艶を抑えたウレタンをコーティングしています。

%e5%86%99%e7%9c%9f5

 

 

弊社では、ご自宅にあったサイズ、お好みのデザインで家具のカスタムメイドを承っております。

お気軽にお問い合わせください。


木工旋盤 取っ手の削り出し

現在進行中のスタジオ施工も大詰め。

完成したらその全貌をこの場で紹介させて頂く予定ですが、

今回はその現場でも使用する取っ手の製作風景を紹介させて頂きます。

 

先ずは、四角く切り出した棒状のものを、テーブルソーで角を落とし8角形にし、

旋盤機に取り付けます。

2016030801

 

完成形は頭の中にしかないので、何となく形状のポイントになる部分を振り分けます。

2016030802

 

位置が決まったらひたすら削り続け形を整えていきます。

2016030803

2016030804

2016030805

 

ある程度削ったら採寸し、細くなり過ぎないように注意を払います。

2016030806

この箇所はアイアンのブラケットがささるところなので

微妙なところはサンドペーパーを用いて入念に調整します。

2016030807

 

ぴったり希望の太さになりました。

2016030808

 

続いて二段目、ここはテーバーに仕上げていきます。

2016030809

 

バイトを左右に動かし削っていきます。

2016030810

 

何となく形になってきました…

反対側も同じ工程を繰り返し左右対称にします。

2016030811

 

今回製作した取っ手の完成画像はまだ撮れてないのですが、過去に製作した完成形はこんな感じです。

2016030812

 

今回はフレンチドアに取り付ける予定で、縦に2個取り付けることになっています。

写真を撮ったらあらためて紹介しますね。

 


ルーバーヴォレー ルーバー鎧戸

細い羽根で光は程よく遮り、風の流れは通す。

そんな目的で使用されるルーバー扉の製作過程です。

今回の使用目的は鎧戸(ヴォレー・シャッター)ですので、

直接雨のかかる個所。水に強いとされるウェスタン・レッド・シダー

を素材にしました。

まずは部材を切り出し、羽根をはめ込む溝をほります。

ルーバーヴォレー ルーバー鎧戸 画像1

治具を造りトリマーで等ピッチで打っていきます。

ルーバーヴォレー ルーバー鎧戸 画像2

横桟を入れ込むためのホゾ穴を角ノミであけているところです。

ルーバーヴォレー ルーバー鎧戸 画像3

こちらはルーバーの羽根です。

今回は扉6枚分で、約150枚ほど切り出しました。

パーツの準備ができたら仮組をしていきます。

ルーバーヴォレー ルーバー鎧戸 画像4

ルーバーヴォレー ルーバー鎧戸 画像5

ルーバーヴォレー ルーバー鎧戸 画像6

一通り調子を見たら一旦分解し、接着剤を塗りクランプして固めるのですが、

羽根の枚数が多いため結構大変でした(汗)

私たちオールド・サクラメントの工房は、

いつもこんな感じで手作りしてる光景が広がっています。

 

OS工場長


オーダーメイドドア カスタムドア

オールド・サクラメントの主力製作物となっているのが
デザインドアです。
無垢材にこだわり完全なる手作りでご好評を頂いております。
デザイン、サイズなどの打ち合わせを重ね、
オーダーを頂いてからの製作となりますので
多少のお時間を頂戴しますが、世界で一つだけのドアです。
何卒ご理解ください。

オーダーメイドドア カスタムドア 画像1

室内ドア、玄関ドア、店舗ドアなど用途に合わせ
どんなリクエストにもお応えします。

オーダーメイドドア カスタムドア 画像2

勿論、アイアン面格子も1本の鋼材から手曲げで加工していきますので
デザインは自由です。

オーダーメイドドア カスタムドア 画像3

北米より直接仕入れた、強烈な個性を持った古材やプレミアムウッドを
素材にしたドアも製作可能です。

オーダーメイドドア カスタムドア 画像4

デザインで遊ぶ、色で遊ぶ、素材で遊ぶ、
遊び心を注入したオーダードアのお見積もりは、
こちらへご用命ください。

OS工場長